★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年05月01日

気持ちをあらためて。。。


5月に入りました。
とてもいい天気で、こういう日は
手を伸ばして、想いっきり呼吸したくなります。


先月は、私にとっては
いろんなことがあって、こちらのブログはお休みしていました。


一番の出来事は、
ワークショップ終了後に、救急外来に飛込んだことでしょうか。。(汗)


その週は、新人研修とNLPマスタープラクティショナーコースが
連続になっていて、自分の中で体調管理を徹底しようと考えていました。


実は、私は去年の暮れから
クローン病の合併症である腸ろうといって
腸と腸に穴があくのを併発していました。

そのため、食事量を減らして腸をできるだけ休めて
万全の態勢で行こうと計画していたのです。


ところが、、、
去年までは上手くいっていた管理法も
今回は裏目に出たのです。


日曜日にワークショップをしているころから
自分の記憶が飛ぶようになって
5分前にペアをくんだことさえも忘れてしまうほど。

さらに、めまいがしてきて
休憩中に座っていると、立ち上がろうとしたときに
力を入れた場所が「つり」はじめる始末。


リソースパーソンや受講生の温かい気持ちに
支えられて最後までワークショップはできたものの
そのまま、いつもの病院の救急へ。

21時に入って、診察が22時半。
その頃には、両足と両手が一度につるようなこともありました。

想像してみてください。

両手両足がつるんですよ。
痛くて叫んでいたら、看護師さんとお医者さんも何もできずに
気がついたら、全員部屋から退避していました。


そのときに、リソースパーソンの方がくれた塩を舐めてみると
手足のつりがおさまりました。


体が完全に酸性に傾いていたのです。
(塩はアルカリ性なので、中和されます。)


それから点滴を打って、診断がでたのが
深夜12時。

即入院して下さい。


ということでした。


始めはそれを受け入れたのですが
次の日、企業研修の講師があるので
やはり自己責任で身体のことは自分で面倒見るので
退院させてもらいました。


その後のことは、いろいろあったのですが
ここでは省略します。


それからは、身体が思うように動かず
病院に行って、点滴をうつような毎日でした。

おかげでやっと身体が回復。


先日もマスタープラクティショナーで
みんなとスライトオブマウスでとても素晴らしい一日を
過ごすことができました。

一人ひとりが楽しんで成長している姿は
何より元気を頂けます。



本当にご迷惑をかけた皆さまには
お詫び申し上げると共に
温かく見守って頂いた皆さまの気持ちが
とても届いてきました。


私は、みんなにさらにどんな貢献ができるのだろうか?
自分の命をこれからの将来に向けて
どんな風に使っていこうか?

病気を抱えながらも
人生を楽しく意味あるものにしていくために
何をしていけるのか・・・


痛みの中でひたすら考える毎日でした。
より自然体で。。自分の身体も大切にしながら。。。


posted by nlpfield at 23:45| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記