★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年05月30日

このの

100530_1133~0001.jpg


大阪の友人から、クローン病に効果のある
漢方の先生がいると聞きました。


母が、この土日に神戸の実家に戻ることになったため、
私自身もチャンスと思い、
この先生に一度会ってみたいと大阪に行くことを決めました。

母親の車に同乗して二人で高速道路を
飛ばしていきます。
私は車を乗らないので実感がなかったのですが、
高速道路一律1000円というのは、本当にお得ですね!


父は一足先に神戸に戻っていました。
母はこちらに残り、こちらにいろんな世話をしにきてくれていたので
実家に送る途中に恩返しをしようと、
高野山の麓にあるこののの温泉に立ち寄ることにしました。


実は、こののにいく直前
右足が極端につり始めたのです。

これは、前回入院した症状と全く同じ。

通常、人の腸は6〜8メートルあるのですが
私の場合は、1.5メートルないんですね。

だから、人よりいかに効果的に栄養を取れるかは
大きなポイントになってきます。

もし、今回手術したら1メートル前後になるそうです。
そしたら、頻繁に足のつりが起こるかもしれません。


ただ、前回の経験から栄養不足がつりの原因とわかったため
すぐに鼻からチューブを通して、栄養を取り込むと
次第に、痛みは治まっていきました。

しかし、まだ極度の睡眠不足。
これがこの前にも、体調を悪化を引き起こしたため
今回の実家へ帰るプロセスを延期させてもらおうかと
考えていました。


そのときに、母が玄米食を出してくれて
それを食べてみると、なんだか元気が出てきたのです。

これならいけるかも。。。
そんな気分になってきました。

頂いたのは玄米なのか、それ以上のものなのか。。。



こののの温泉は
「月のしずく」で有名な水がとても素晴らしいところです。

ただ以前、こののの温泉の水は、私にとって波動が強すぎて
「合わないかな、、、」と感じていました。
丁度、ろう孔が始まって、ひどくなり始めた頃に飲んでいたのです。

それが、今日はこの水を得たとたんに
身体の調子がグングンよくなり、
もしかしたら、ろう孔さえ塞がったのでは、と思えるようなほど
体調が回復しました。

水の影響は偉大です。
私たちの身体のほとんどが水でできています。
どんな水を自分の身体に取り入れるのか、
改めて見直す機会になりました。

そして、遠くにあるものより身近にある普段接するものにほど
気を使う必要があるのかもしれません。


ゆっくりと療養した後は
一路、神戸の実家へ到着。

途中で、ろう孔から多量の便が出てきたので
こちらはまだ道半ばという感じですが、
何となく自分の中でこうすれば、身体と調和してうまくいくのでは
ないかという感覚をつかみ始めました。


その感覚を頼りに神戸の実家では
腸や自分の身体との対話を続けていきます。

そして、精一杯自分の人生に向かっていきます。


いよいよ梅雨がやってくる季節。
お身体ご自愛くださいませ。








posted by nlpfield at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記