★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年06月19日

今、起こりつつある奇跡。

手術の前日、先生に伝えた。

「今回は、手術をしません。」

それは、とても勇気のいることだった。


医療のことはよくわからない。

例えば、法律で困っているときに
弁護士さんに「こうした方がいいよ」と言われれば
素直に従ってしまうような感覚だ。

そして、今回の手術は、一度延期してもらった日程。
いろいろと先生やスタッフも準備をしてくれていたはずだ。


しかし、本当に自分の人生に責任を取るとき
自分の中にある違和感を置き去りにしてしまうわけにはいかなかった。

そして、先生も認めてくれた。


次の日、親も含めて今回の手術について
どんなことをやるのか説明だけしてくれた。

「ろう孔は、手術しないと絶対に治りませんよ。」


私も、便がろう孔へと流れているうちは
閉じることはないだろうと思った。

インターネットで調べてもろう孔が自然治癒した
事例は探せなかった。


※ちなみに、ろう孔とは、
 小腸と大腸が通常繋がるはずのないところで
 繋がってしまうことです。
 簡単にいうとバイパスのようなものができてしまいます。

 小腸と外の皮膚にできる人もいます。
 その人は、そこから便がでてきてしまうのです。



当時は、ろう孔が閉じることに意識が向いていた。


なぜ、ろう孔ができたのだろう。

それは、腸の一部の動きが悪くなり、そこから先に
便が排泄できなくなってしまい、排泄先を求めるために
別の通路を作ったと考えられた。


どうしても意識は、仕事や生活を優先にして
症状を悪者にしてしまう。

ろう孔は身体の知恵なのだ。



だから、ろう孔を閉じるのではなく
動きの悪くなった腸の一部をもう一度再生することで
排泄物がそちらに流れれば、
ろう孔がつくられた目的はなくなり、自然と閉じるのでは
ないのか、というのが仮説として出てきた。


実際、手術の話のときは
本来、動きの悪くなった腸の先にある人工肛門へは
ほとんど流れていなかった。


それから、食生活の変更、漢方、鍼灸、
NLPのアズイフフレーム、スイッシュ、アンカリング
催眠療法などあらゆる手法を使ってみた。

そして、たくさんの仲間からの励ましの声をもらえた。


そしたら、何と!!

最近、人工肛門への流れが生まれてきたのだ。


まだ、ろう孔への排泄物の流れが止まったわけではないが
明らかに量は減ってきている。

そして、何より
身体感覚として、いつか治るという確信度合いが
かなり強くなってきていることだ。


身体が治すタイミングや閉じるときを知っている。


たくさん悩んで、いろいろ試して
最終的には、自分の身体を自分で信じるしか道はない。

そこに疑いが挟まれたとき、ろう孔がすぐに反応してくる。

ろう孔は、私の身体の大きな知恵である。
そして、自分の身体を大切にすること。愛すること。
それを教えてくれている。

今、この学びと実践が続いています。



posted by nlpfield at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記