★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年07月08日

クローン病で悩んでいる方へ


宇治には、京阪電車がJRとともに走っています。

JRの駅からはかなりはなれたところにありますが、
こちらは止まっていないということで、
京阪ー近鉄を経由して、一路松本医院に行ってきました。


今日は、7月に採った血液検査の結果が出ている日です。
そこでは、驚くべき結果が出ていました。

◆ 
アルブミン(栄養がどれくらい取れているか)
2.4→3.3→5.1 基準値6.0にあと少し

CRP(炎症を示す数値)
3.7→0.7→0.49 基準値0.3にあと少し

リンパ数
20→25→26.8 正常値


見事に結果が出ています。

残念ながら、ろう孔はまだ閉じてはいませんが
確実に量が減っていて
ストレスがかかったり、睡眠不足にならない限りは
お休みしてくれています。

先生とも話をしているのですが
何回も手術をする前に、
松本医院と出会っていれば、良かったのかもしれません。

私の場合は、でもこのタイミングなのでしょう。
しかし、もしあなたがクローン病で手術をしなければいけなかったり
CRP値がなかなか落ちないときには
先生のところを受診されることをお勧めします。

また、ステロイドに悩んでいる方も一度先生のところに
相談に行かれることをお勧めします。


但し、先生はとてもユニークなので
HPを読んで、免疫のことなどを少々理解していくことが
必要です。

これまでの西洋医学とは異なるアプローチのため
あなたの常識が180度覆ることになると思います。

その準備をしてから、受診された方がいいでしょう。

松本医院
http://www.matsumotoclinic.com/



posted by nlpfield at 23:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

平等院鳳凰堂に訪問

鳳凰堂.JPG

昨日は、10円玉でおなじみの平等院鳳凰堂に行ってきました。

京都は祇園祭で観光スポットとして
この時期注目されています。

ちょうど京都市美術館では、ボストン美術館展もやっていて
学生のときにボストン旅行に行ったときに思い出に浸ろうかと
考えてもいたのですが、
観光の本を読んでいると、十二支守り本尊というのに出会いました。

十二支守り本尊とは、言葉のごとく十二支の該当する仏様が
その生まれ年の人を見守ってくれるらしいのですが、
これは、江戸時代に定められたようで
戌年と亥年は、阿弥陀如来になるそうです。

そして、その阿弥陀如来様といえば、どうやら平等院鳳凰堂らしい
ということです。

平等院鳳凰堂は、京都から少し外れた宇治にあり
ずっと前にも足を伸ばそうかと思っていたところだったので
これを機会に行ってみることにしたのです。

JR宇治駅に到着したら、
雷を伴う雨が降ってきました。

鳳凰堂自体は、平安時代に建立され
もう1000年以上経っていることもあって、
鳳凰のような威厳はもうどこかに行ってしまっていたかの
ようでしたが、その場所はパワースポットにふさわしい感じです。


そして、帰りに思いも寄らぬことが、、、

松本医院に寄って診察だったにも関わらず
先ほどの雷雨で、電車が止まってしまったのです。

どうなるんだろうか・・・


posted by nlpfield at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記