★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年10月12日

北海道マスタープラクティショナーコース第二週


レインボーさんの施術によって復調して、
マスタープラクティショナーコース第二週を
開催することができました。


2ヶ月ぶりにお会いして
忙しい中でもみんな元気そうな姿で
安心しました。

いつもスタートのときに
前回の復習やこれまでの期間で発見したことのレポートを
書いてきてもらっているのですが、
中を読ませて頂いて、みなさんが日常の中でも
NLPを使ったり、観点をもって生活していることを知って
嬉しかったです。


今回は、自分がシステムの一員として意識して
日常のどんなシステムに参加しているか、
どんな影響をうけ、与えているかを確認してもらいました。


家族というシステムを意識して
普段会わない親子や兄弟のために
自ら調整し、満足がえられるように影響力を発揮した結果、
システムの参加者がそれぞれ幸せを感じていることを
観察できた、というお話があったり、

職場や学校というシステムの中で
自らの行為が、周りの人に影響しシステムの中に
見えない信頼感が生まれていたり、

また、自分自身の治療経験を通して
一個人のシステムに気がついた方もいて

システムの一部を変えると全体に影響が及んだり
また、自分もまたシステムの影響を受けている存在である
という相互作用を感じ取ってくれたようです。


マスタープラクティショナーになると
いよいよ自分を超えたものとのつながりや影響力という
まさに、システムを意識した行動をどのように起こしていけるかが
一つのテーマになってくるため
みなさんのなかで、こうした土台に気づけたことは
とても大きなことではないかと感じています。


そして、第二週は
私たちの認識を左右する価値、信念やメタプログラムについて
一緒に学びを深めていきました。


普段結果がでていないのは
自分の中で気づいていない価値の優先順位の違いや
ないがしろにしていた価値に気づいてもらったり、


過去に必要だった信念が
今現在、もう手放してもいいものであれば
それをどのように手放し
新しい信念を獲得するのか。。。

信念を身につけた体験に戻り
もう一度、現在の力で再体験することにより
その体験や記憶の別の側面から
もう一度信念を作り直すことを行ないました。


やはり、とても傷ついた過去から身につけた信念を
変えるのに、抵抗があったり、簡単に変化させることはできないと
いう信念が出てきたりする場面もありました。


私たちは、これまでの経験から傷つき、学んでいるため
全ての経験を書き換える必要はありません。

しかし、小さなときに受け止められなかった感情や考え方を
成長した今なら受け止め、消化して手放すことができるので
あれば、その信念は、もうあなたに全ての学びをお伝えしたことに
なっているはずです。


私たちのこれまでの経験、出会い、生き方、考え方、感じ方
これらは、全てシステムになって私たちの内側に息づき、
また、外側の出来事とつながり、そこからまた新しい考え方や
感情を生み出すこともあります。
もしくは、思い込みや強烈な感情から、新しい体験をすることを
制約したり、妨げたりしてしまうことがあります。


NLPを学ぶことは
私たちが現在、どんなシステムに身を置き、
過去からこれまでどんなシステムを持ち運んできたかを
確認することができます。

そして、今のシステムと過去のシステムを上手く融合させることで
新しいこれから生きる未来のシステムを
自分の内側にも外側にも生み出していくことに繋がっていくのです。


そのためには、自分を突き動かしているシステムとなる
価値、信念、メタプログラムを知り、必要があれば変えていくことが
重要になるのです。


今回、北海道で経験したことは
時間を追うごとに、受講生の中に少しずつ芽吹いてくると思います。

あの時に、自分の中で起こり始めたことを
ぜひ受け取ってみてください。

そして、今のシステムや未来に向けて
どのように活用できるか考え、行動を通して
内と外をつないでいってみてください。


そして、いよいよ来月は
そのシステムから生まれて来るアイデンティティ
(自分は誰か?、どんな存在か?)ということを
一緒に発見していきましょう。


posted by nlpfield at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

巧みの技術

先週の金曜日、
北海道のマスタープラクティショナーコースに
向かう途中のことです。


JR千歳駅で
お酒を飲んでもいないのに
酔っ払いのごとく
駅の柱に胃の内容物を戻してしまいました。

ややすっきりしたので
駅員さんにお詫びして、事情を話して
ホテルに向かいました。

すると、ホテルに戻っても
口からたくさんのものが溢れてきて
胃が痙攣し始めました。


明日は、北海道のマスタープラクティショナーコースが
あるのに、このまま入院するわけにもいかない。。。

食中毒か、それとも、たんにこのまま休んでいれば
身体が元に戻るのか。。。


ベットの上で苦しんでいました。
明日、自分が健康になっている姿を想像してはみたものの
本当に明日、その姿になっているかどうか、、
パートの反応は芳しいものではありませんでした。


これは、飛行機に乗る前に
自己管理しようと
野菜と果物で作ったジュースの食物繊維に原因があったようです。


クローン病は、腸が細くなる症状もあり
食物繊維は消化されないので
腸でつまることがあるのです。

これまでも何日か継続してジュースを飲んでいたので
私としても思わぬアクシデント。


飼い犬に手を噛まれるような感じで、
自分の体調を大事にしようとした行為で
自分の体調を悪化させてしまいました。(トホホ)




トン、トン・・・


そこに、ドアを叩く音が。

扉を開けると、このセミナーに帯同してくれた
レインボーさんの姿がそこにありました。


レインボーさんは、
これまでリラクセーションケアプログラムを
開発した上に、
今年からリフレクソロジーの武者修行を始めて
ボディケアについての技術を相当高めている方です。

その技術を高める姿は
孤高の志士のように、
自らの道を究め、精進した技術は
巧みの技を思わせるほど素晴らしいものでした。

また、レインボーさんは
ケアの技術だけではなく
身体のしくみについても、あくなき勉強をしていて
どのツボがどんな効果があり
どの筋肉が、どの部分を癒していくのか
凡人には計り知れないほどの高いレベルの知識を有しています。


私自身も、彼の成長ともに身体のケアをしてもらっていて
ケアをしてもらうたびごとに、
私自身の身体から余計な力抜け、
症状が良くなるという経験を何度もしてきました。


そのレインボーさんが、
扉を開けたときに、居てくれたのです。


「ヒロさん、大丈夫ですか?」


始めは、この食中毒のような症状がボディケアで消えるのか
半信半疑でした。

しかし、丁寧にレインボーさんが
足裏のツボを押してくれるたびに
内容物の運搬をボイコットしていた腸が動き始めたのです。


そして、みっちりと2時間以上も
ケアをして頂き、終わったときには
症状が全く消えていたのです。


そう、明日健康な姿を想像したあの通りになっていたのです。
私にとっては、まさに奇跡でした。


このレインボーさんの献身的なサポートのおかげで
北海道のみなさんに、素晴らしい第二週の場をともに
することができるようになりました。


このレインボーさんの技術を
今度のプラクティショナーコースにご参加の皆さんには
無料でご提供できることになっています。

ぜひ、楽しみにしていてください。



本当にレインボーさん
ありがとうございました。


そして、マスタープラクティショナーコースの
様子は次回にご紹介します。





posted by nlpfield at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記