★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2011年05月31日

誓いの瞬間

おはようございます。

株式会社NLPフィールドの酒井です。


何かそこに足を踏み入れたとき、
スーと気持ちが静かになるところや
自分の感性が研ぎ澄まされることはありませんか?


最近はパワースポットが流行っていますが
伊勢神宮、明治神宮、出雲大社など
確かに足を踏み入れると
外の喧騒とはことなる静かな流れを感じることがありますね。


今週のテーマは「神聖な瞬間(感覚)」です。


私も神聖な瞬間や感覚になったことはいくつかありました。

その中でも、プラクティショナーコースの仲間と一緒に
富士山に登ってご来光をみたときは、
神聖な気持ちになりました。


これまで、(株)ピークパフォーマンス(現:(株)チームフロー)で
ピークパフォーマンスコーチングアドバンスというコースの
講師を平本さんとともにさせてもらっていました。

そして、それをさらに高めようと
NLPトレーナーコースに参加し、
始めてNLPの本当の意味での素晴らしさを
クリスティナホール先生に教えてもらいました。

そして、自分の中でNLPのコースを開催しようと
決意しました。


それから、準備期間を経て
NLPプラクティショナーコースを初めて開催したとき
いつも応援してくれたり懇意にしてくれた仲間が
集まってくれました。

その中でも、特に心から応援してくれたのが
レインボーさんこと森川朕光さんでした。


彼も自らの道を決意して、
ともに高みを目指していこうと誓い合いました。


その彼や仲間から
私の誕生日だったか、退院祝いだったかに
何かしたいことがあるのか?と聞かれました。

海外の人からNLPを学び、触れ合うにつれて
私の中で日本人としてのアイデンティティがうまれてきていたので
死ぬまでに一度富士山に登りたい、という想いを話しました。


そうしたとき
彼らが富士山の登頂計画をしてくれました。
それが、NLPプラクティショナーコース第一期の終了時だったのです。

コースで昇る参加者を募り、(私の妹もいました)
私たちの達成する目標を富士山の登頂と重ね合わせました。

また参加者は、どこから聞きつけたのか
コース参加者以外にも膨れ上がりました。


そして、当日。
レインボーさんが計画してくれたコースを
みんなで昇っていきます。

コースの始めは、かなり整理された道でしたが
やがては、ごつごつした岩ばかりになっていきます。

また、驚いたことに
登山者が溢れていて、
山頂付近では渋滞になるほどでした。


登頂でも酸素不足などで
さまざまなドラマがありましたが、
渋滞で日の出の時間までの登頂できない可能性が
生まれてきました。

そこで、私の妹が
渋滞の道以外の道を上り始めました。

彼女の行動力には驚かされましたが
私も彼女の後に続き、
なんとかご来光の時間までに
登頂にたどり着きました。


そして真っ暗な闇が
だんだんと明るくなります。

星たちと
大きく広がる雲海の間に
なんともいえないオレンジと青の入り混じった
言葉にできない光景が広がっていきます。

方々から、太陽が出るぞ!!
という声が聴こえてきます。


そして、光溢れる円弧が
地平線のかなたから顔をだしてきました。


そのときは、たくさんの人が
居たにもかかわらず
本当に心静かでおだやかな瞬間でした。

その空と一体になったような感覚です。

そして、近くに妹がいたことも
なぜか不思議なつながりをさらに感じることが
できました。


富士山から下山して
帰りのレインボーさんとバスの中で
お互いの道を進むために
しばしのお別れをすることになりました。

あのときのバスの風景もまた
目に焼きついています。


あのときから、誓いが始まったんだな、、、



posted by nlpfield at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さかいの日記