★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年01月25日

新しい旅立ち−マスタープラクティショナー第一週

「マスタープラクティショナーを受けると
 プラクテョショナーは、これを受けるための基礎だし
 準備だということがわかりますね。」

とても嬉しい言葉を頂きました。

マスターとプラクティショナー
別々に理解するのではなく
つながりを実感してもらえたフィードバックだったからです。


それに加えて、
終了したときのみんなの表情や語らいを感じていると、
この2日間で得たいものを得ることができた実感できました。


「サイバネティックス」のお話をしましたが
この2日間のプロセスも、
私たちの中で相互に影響しあっていることを確認しながら、
次の方向性を生み出していけたことが、
とても良かったように思います。



さて、このマスタープラクティショナーでは、
システムのいう概念を共有しながら
フレーム、パートやアイデンティティなどの考え方を
NLPのスキルやテクニックを通していきながら
深めていきます。


◆パートについて

例えば、「お部屋を片付けたいけれども、片付けられない」と
いうようなテーマがある場合、

お部屋は片付けたい、というパートと
片付けられない、というパートがあるというように
NLPプラクティショナーでは解説されます。

パートというのは、メタファーとして使われています。
パートは、文字通り、全体に対する一部という意味です。


私たちの仕事を片付けたいという一部の働きがあり、
片付けられないという一部の働きがあるわけです。
そして、これらは、つながることなく独自に働いているわけです。


そして、結果は、部屋を片付けていないので、
「部屋を片付けたい」という一部の働きが
身体の働きに通じていないことも独自で働いていることの
現われになります。


◆システムについて

システムというのは、wikipediaによると、
相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、
まとまりや仕組みの全体。のことを指します。


つまり、部屋を片付けたい、という頭の働き(システムA)があり
部屋を片付けないという心や身体の働き(システムB)があります。

そして、このシステムAとシステムBはつながっていないわけです。
もっと平易にいうと、
頭と心と身体がつながっていないわけなのです。


そこにどんなつながりをもたらすのか、
独自に働いているそれぞれのシステムを
一つのシステムとしてどのように機能させていくのか、

ということが必要になってきます。


そのためには、
その独自に働いているシステムが
お互いに融合する場が必要になります。
これがフィールドの概念とつながっていくのです。



◆アイデンティティについて


アイデンティティは、よく同一性と訳されることがあります。
自己認識とも言われ、
自分自身が、自分をどのように捕らえているのかということを
指しています。

先ほどのシステムは、
独自の働きや生命を持ち始めます。

例えば、自動でやってくれる温度調節機。
寒くなったら温めてくれて、熱すぎたらその働きを
止めてくれるようなものは、あたかも何か意志や命を
もっているように感じられることもあります。

こうしたシステムに、私たちの意識が同一化すると
アイデンティティとしての認識が生まれてくるのです。


つまり、片付けたい私と片付けられない私が、
私の中に生まれてくるのです。

そうすると、片付けたい私が、片付けない私に対して
文句を言うのです。
「何で、あなたはいつもそうなの!やるということをやらないの!」

片付けない私がいうのです。
「私って、いっつもそうなの。」


この関係は、あまり建設的な関係ではありません。

そこにどんなつながりをもたらすのか、
それがどんな場を作るのか、ということにもつながってくるのです。

この関係性を創っていく私のことを
ギリガン博士は、フィールドマインド(関係性を作る私)と
表現しています。

そして、ここで大切になるのが
スポンサーシップという関わり方になるのです。


そして、これは、個人の中だけではなく、
人と人との関係にも生まれてきます。


マスターは、より関係性に着目したり
そのプロセスを構成しているところから一段離れたメタの視点や
関わり方を養っていきます。


そして、それらの技術を通して
システムや関係性から、何かを創造したり、生成する力を
養っていきます。
また、パートやアイデンティティの概念をより深く捉えられ、
進化させることができるように目指していきます。


ここに来た人たちが、自分自身が命をもらった一人の人間として
自分のポテンシャルを最大化したり
自分を超えた世界に自分をつなげて貢献していく存在として
どのように生きていくのかを探求していくことになるでしょう。


最後に、ヒーローズジャーニーを歩いたとき
それぞれの人生に新たなシステムが生まれ、
新たなアイデンティティが誕生してきました。

そこにエネルギーや時間を与えることで、
本当にご自身にとって、そしてその周りの人や環境に対して、
よりよい関係を作っていってもらいたいと思います。


本当に必要なタイミングで必要な仲間たちと出会うことが
できました。
これからの5月までのプロセスが、とても楽しみです。


______________________


■NLPフィールド
 NLP1dayレッスン 2010年2月13日開催        
  http://nlpfield.jp/nlp_oneday.html
   〜協働する社会を目指すリーダーたちへ〜
  http://nlpfield.jp/
  【NLPプラクティショナーコース春日程掲載中】

■【大好評】NLP無料メールセミナーをやっています。
 他とは違う切り口でわかりやすくNLPを解説しています。
 「どうやったら、自然と幸せを生み出せるのか?」
 「どうやったら自分自身を味方につけることができるのか?」
 その秘密に迫っています。
 読者急増中です。自分の学びのためにお役立て下さい!!
 http://nlpfield.jp/mail_s/index.html


■東京初開催!!大阪で大好評だったワークショップです。
 スティーブンギリガン博士のワークショップ 
 【エリクソニアン催眠+トランスパーソナル+コーチング】
 日本でも数少ないエリクソニアン催眠を使えるコーチに
 なるチャンスです。
 詳しくはこちら
 →http://nlpfield.jp/seminar-gilligan1002/

■ハーモニーショコラ 第二弾 (詳細は、また後日に!)
 日時: 2010年2月5日(金)
     19:00〜21:30(開場18:45〜)
 詳細はこちら
 http://right.nlpfield.jp/article/34077622.html
 申込はこちらから:
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P90501780

■マスタープラクティショナーサミット
 http://right.nlpfield.jp/article/34614844.html

__________________________





posted by nlpfield at 15:07| Comment(2) | TrackBack(0) | NLP
この記事へのコメント
ヒロさん
すごい復習になりました!
そして第三のポジションの大切さに改めて気がつきます。
お互いのエネルギーをより良いものに変える練習練習!!します!

読んでいたらマイケルの音楽が流れてきました〜!!
明日CD買っちゃおっと♪
Posted by クローバー at 2010年01月26日 15:33
クローバーちゃん

上手くフレームにまとまったみたいだね!
良かった。

確かに練習練習が
頭で学んだことが
身体のシステムにつながっていくから
楽しんでやってね!
Posted by hiro at 2010年01月26日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34933443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック