★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年05月11日

変化の方向性を設定する

08アウトカム.JPG

土日は、NLPプラクティショナー第四週を開催してきました。
1ヶ月ぶりのメンバーと一緒に、柔らかな日差しに包まれて
元気に楽しく過ごすことができました。


第四週は、ある意味では
このコースの山場になってきます。

これまでの変化の原理を土台にして
いよいよこれから歩く未来を築いていく方向性を
設定するからです。


この2日は実習が中心。

TOTEモデル
8フレームアウトカム(ウェルフォームドアウトカム)
SCOREモデル
行動のモデリング
ディズニーストラテジー
ポジションチェンジ(知覚位置の変更)
ニューロロジカルレベル

を体系的に学んでいきます。

これだけのことを理解し、実践できるコンテキストを
形成しているので受講生も自然に習得していきます。

そして、最後のニューロロジカルレベルでは
各自の中に、自らのアイデンティティの大きなメタファーが
生まれてきました。

受講生のコメントとして嬉しかったのは、
「自分って小さなアウトカムを立てていたのがわかりました。
 帰ってくるときにもっと大きな自分のアウトカムがわかりました。」

というコメントでした。


私たち自身は精一杯生きていくのが
この命をもらった唯一の理由です。

その命の使い方は、それぞれのこれまでの生き方に
たくさん影響されていますし
今の環境の中でもたくさんの影響をうけています。

そして、その環境や経験の中で
自分たちがもっとこうした方がいい、
これが苦しかったから、他の人にはそんな想いをさせたくない
などのアウトカムがでてくることがあります。


しかし、ニューロロジカルレベルを行なうと
こうしたアウトカムのより本質的な部分に触れることが
できるようになります。


それは、自分の世界を満たすアウトカムから
自分を超えた世界の中の自分の役割や使命を意識した
アウトカムに変容するからです。

自分を受容し、貢献する方向性に展開していくような感覚です。

私たちは、自分の世界を豊かにすると共に
自分が存在するコミュニティや世界も豊かにしていく存在でも
あるのです。

NLPを学ぶことは
きっとその部分を意識しながら
自分の生き方を選択することにあるように思います。


だから、ニューロロジカルレベルや方向性設定などは
NLPを学びながら言葉や感覚の使い方を分かった上で
自分を深める力を養ってから行なうことが良いように思います。

そうしないと非常に表象的なアウトカムを追ってしまうことに
なるからです。

個人的には、NLP入門でニューロロジカルレベルを
体験したり紹介することは、学びのプロセスとしては
もったいないと思っています。

どの順番(ストラテジー)で、コースを組んでいくのか
どこに意図をもって実習を組み立てていくのかが
トレーナーとして大切にすべきだからだと思うからです。


ぜひ、私たちのコースに学びに来てみて下さい。
他とは違うニューロロジカルレベルを体験して
小さな自分から大きな自分に出会うことができますよ!


今回の受講生お一人お一人が
自分の中で生み出したものを心から祝福して歓迎したいです。
そして、生み出したアイデンティティをじっくりと育てていってください。


______________________


■NLPフィールド
 本気でNLPを学びたい人のために。。。
 http://nlpfield.jp/


■【大好評】NLP無料メールセミナーをやっています。
 他とは違う切り口でわかりやすくNLPを解説しています。
 「どうやったら、自然と幸せを生み出せるのか?」
 「どうやったら自分自身を味方につけることができるのか?」
 その秘密に迫っています。
 読者急増中です。自分の学びのためにお役立て下さい!!
 http://nlpfield.jp/mail_s/index.html



posted by nlpfield at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37856533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック