★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2010年05月20日

魔よけのアンカー

私たちの中には
知らず知らずに身につけてしまった
考え方や信念というものがあります。

それは、家族から受け継いだものだったり
ビジネス習慣や日本社会から身につけてしまったりするものが
あります。

例えば、お金や時間でものごとの価値基準を決めることなんかも
そうかもしれません。

やりたいことなのに、お金が高い。時間が無い。

そのお金が高い、という感覚や
時間が無いという感覚は人それぞれ。

だけれども、反射的だったり、自分の中で何かしらの基準を
持っていたりします。


私の中でも、人にために何かをすることは
おばあちゃんやおじいちゃんなどの信仰の深さが
影響しているのかもしれません。

今日も父親がごはんにだしじゃこをのせて食べていましたが
「しらすもあるのに、どうしてだしじゃこをご飯にのせるの?」
と尋ねたら、

「小さいときのに食べるものがなくて
こうして食べていたから、今でもこの味が忘れられないんだ」
ということでした。

小さい頃に身につけたことは
五感のことでも、言葉などの教えなどでも大人になっても
引き継いでいるものなんですね。



今日の朝11時に、病院を出て
料理作りを始めました。

母親が来てくれているので
今日は、お吸い物とさばの味噌煮にチャレンジしました。
我ながら良い出来です。

青い背中の魚は炎症作用を抑える効果があり、
DHAなど身体によいものも豊富にあります。



前回の食欲を抑える業をご紹介しましょう!

これまでは、NLPのスイッシュが効果的でした。

食欲がでてくると食べたいものが映像で頭に浮かんできます。
遠くにやってもすぐに近くに戻ってくるほど引力があります。

そこで、
映像を白黒にして小さくして遠くに飛ばしてから
自分が健康になった姿を大画面にしてみてみます。

そうすると、食べたかった食欲がなくなっていきます。


そして、今日はさらに大きな方法を使いました。

退院して、早速桜木町駅の
伊勢山皇大神宮にいって、病気を治すことを誓った後
その誓いをアンカリングできるものを
頂けないかと探していました。

そこでは、お守りを見つけましたが
身体に身につけるものが欲しい。

そこで、近くの成田山別院に行ってみました。
すると、タイミングよく読経の時間にあたり
一緒に参列することができました。

さらに、そこで素晴らしいミサンガのようなものをゲット!


スウィッシュは、次から次に映像が出てくるので
シュー、シューと何回もやるのが大変でしたが、

腕にアンカーをつけておけば、
自分の気持ちが揺れて、センターがぶれたときに
そのアンカーをみれば
食欲がおさまり、自分の健康な姿のイメージがでてくるようになります。

面白いことに、このアンカーに
私の邪心(?)が吸い込まれていくようなのです。

刺激→反応というストラテジーが完全に崩壊しています。


特に私は、視覚が強いので
こうした目に見えるアンカーは非常に効果があります。


衝動は、自己を飲み込んでしまいます。
そのときに、その衝動からはなれ、自分でどうしたいのか?を
見つめるところに置けるようになると、
自己の選択力が増してきます。


今日はここまで、おやすみなさい。


posted by nlpfield at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38375807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック