★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2011年01月27日

298円の一歩

皆さん、こんにちは。
Fumikoです。

毎日寒い日が続いていますが、私の住む鎌倉では
あちこちに水仙の花が咲き乱れています。
私の自宅のベランダには数年前からいくつもの鉢植えが置いてありますが
実は一番最初に買った鉢植えが、それはもう本当に小さな可愛らしい水仙でした。

6年くらい前から知人の薦めもあって、自宅に百合やカーネーションなどの
生花は置くようになっていたのですが、そのうちに、切花だけではなく
土にお花を植えて育ててみたいという気持ちがふつふつと沸いてきました。

でも、いったい何のお花を買えばいいのだろうか?
どんなふうに世話をすればいいんだろう。。。?
何を揃えればいいんだろう。。。
そしてもしも枯らしてしまったらどうしよう?
というありとあらゆる“でも・・・・”という言葉が頭の中に浮かんできて
なかなか実行に移すことができませんでした。

そして今から思うと、ちょうど4年くらい前の2月頃でした。
自宅近くのホームセンターの園芸コーナーの前を通ったときに
チューリップやパンジー、水仙やビオラなど色とりどりの美しい
お花の鉢植えが沢山置いてありました。

その中でも、黄色と白の可憐なミニ水仙の鉢植えがひときわ私の目を引きました。
買いたいな。心の中の声はそう言っていました。
「でも。。。」
とまた"でも"の言葉が頭をよぎり、その売り場を30分近くもうろうろしていました。

そして、ついに今日買わなくてもいいから
ちょっと、売り場の人に聞くだけ聞いてみようと思い
勇気を振り絞って近くにいた園芸担当のおばさんに
「あのう、鉢植えを育てたことないんですが、初心者でもできるでしょうか?」
と声をかけました。

その方は、とても親切なおばさんで
まるで幼稚園児のような子供っぽい私の質問に対して
何を買えばいいのか、どのように世話をすればいいのかを丁寧に教えてくれました。
そして、私は人生で初めて、自分自身で鉢植えを買って帰りました。

その鉢植えの値段は、たったの298円でした。

298円の決断をするために私は30分以上の時間を費やしていたのです。

このミニ水仙がきっかけとなって
それから自宅のベランダには季節ごとに次々と新しいお花が増えるようになり
今では私にとってかけがえのない「家族」の一部になっています。

最初の一歩って本当に勇気が要りますね。
でも、その本当に小さな一歩が、大きな変化への扉になるのだということを
実感しました。
また何か新しいことに対して勇気を必要とするときに

ミニ水仙のことを思い出して
みようかなと思います。
posted by nlpfield at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ふみこの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42982811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック