★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2011年02月18日

言葉の持つ力って本当に凄い!


皆さん、こんにちは。
NLPトレーナーアソシエイトのFumikoです。

今日は私にとっての「忘れられない言葉」をお伝えしたいと思います。

私は生まれたときからアトピー性皮膚炎を患っていました。
今でこそ、誰もが知っているアトピー性皮膚炎という名前ですが
当時はまだほとんど知られていなく
周りにも、自分と似たような症状の子供たちもいなく
自分は何か「特別な皮膚」を持って生まれてきたのだ
という思いがありました。

小さい頃から病院通いをして、塗り薬を塗ったり
ひどい時には飲み薬も飲みましたが
症状は一進一退で、一向に良くなりませんでした。

とくに私の場合は
木綿以外の下着は着れない
雑草の樹液を触っただけで手がかぶれてしまう
イカやなど特定の食材を触ると痒くなる、
プールには入れないし、海にも行けない、など
生きていく上でそれはもう沢山の“制限”がありました。

おまけに
見た目にも顔や首、手足などに湿疹があるため
多感な10代の女の子にとっては精神的にかなり
キツイ時期もありました。

でも、おかしなもので、生まれたときからその状態しか知らないので
「どこも痒くなく、湿疹のない綺麗な肌を持っている」ということが
どういうことなのかわからないのです。

おまけに『痛み』を伴う病気に比べて
『痒み』というのはとても軽視されるものらしく
「でも、痒いだけなんでしょ?」と
まるで痛くないんだから、別にいいでしょう?というような
言い方をされることが多々ありました。

そして20代前半の頃、職場の同僚から
ある皮膚科のお医者さんを紹介されました。

なんでも、その方のお子さんもアトピー性皮膚炎を
患っていたそうなのですが、そのお医者さまのところに
通ってから治ったというのです。

私は、期待半分、そして正直なところ「どこも同じだろう」という
あきらめ半分の気持ちでそのお医者さんを訪ねました。

ところが、その先生に初めてあったときに
「何かが違う」
と感じました。

先生の私に対する接し方が、
何かこれまでのお医者さんと根本的に違うのです。

まず、先生は優しい眼差しを持って私にこう言いました。

「あなたはずっと湿疹がある状態が長くて
これが普通と思っているかもしれないけれど
これからは湿疹がでたら、普通の状態ではないと思って
すぐにこの薬を塗って処置してくださいね」

ちょっと変わった先生だなと思いました。

そしてもうひとつ、何が変わっているかと言うと
診察の時に、先生は私の皮膚だけではなく
私自身を見ているのです。

つまり、私の疾患の部位ではなく
湿疹という症状を患っている私という
ひとりの人間を見てくれているのが感じられるのです。

そして
「こんなに湿疹が出ていたら、とても辛いね。」
というように私の気持ちを推し測って共有してくれることも
たびたびありました。

おかしなことに、それからその先生のところへ通うことを
とても楽しみにしている自分に気がつきました。

通うごとに、自分の中の何かが少しずつ変化していくような気がして
それに伴って皮膚の状態も良くなっていくのが感じられました。

そして、忘れもしないあの日
いつものように診察室で胸や背中の状態を診てくれたあと
先生は私の背中をパンと叩いてこう言ったのです。

「もうこれならボーイフレンドに見せられるね!」

あのときのちょっと恥ずかしいような、でもなんとも言えない
誇らしいような嬉しい不思議な感覚を今でも忘れることはできません。

私は、先生から
「あなたは誰に見せても恥ずかしくない
綺麗な肌をもった魅力ある女性ですよ」
と言われたことに気がついたのです。

あのとき初めて、
自分自身の存在をまるごと認めてもらったような感じがしました。

先生は、皮膚の治療という行為を通じて
私自身がこれまで失いかけていた自信を取り戻してくれ
自分で思いもしなかった新しいアイデンテティを持たせてくれたのです。

そして、私の皮膚が良くなっていったのは
医学的にはもちろん薬の力も借りましたが
本当に治るかもしれないという、私自身の
内側から生まれてきた自己治癒力に他ならないことを
身を持って知りました。

言葉のもつ力、本当に凄いと思います。

あなたにとって『忘れられない言葉』これまで
どんなものがありましたか?
posted by nlpfield at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふみこの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43471012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック