★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2011年06月28日

昔も今も・・・

おはようございます。

株式会社NLPフィールドの酒井です。


私たちはどこか過去の情報を現在の中へと
アレンジしながら生きています。

時代との出会いの中で、、、
人との出会いの中で、、、

私たちのこれまでの体験を更新し続けているのです。


さて、今週のテーマは「温故知新」です。


温故知新というと、昔の人の考え方を現代に適用することが一般的です。
孫氏の兵法などは今でも活用されていますし
私も、ときどき陰陽師の末裔の方に当時の手法を学んでいます。
(これがNLPの手法ととても相性がよいのです。)


こうした時代や伝統の試練をうけて残ったものにはとても価値があるのですが
私たちの中にも実際に過去自分に役立ったということを
今の時代や状況に当てはめてみることで役立てることができるのです。


例えば、部屋の掃除ができない、というようなことであっても
小さい頃やこれまでの体験で自分がうまくできる方法を適用してみることで
これまでにない考えがうまれてくることがあります。


例えば、私の場合は日本の歴史が得意でした。

その時は、マンガを読んで全体的なあらすじを取り入れるのと同時に
人と人とのドラマがそこにあったので因果関係を楽しむことができました。

大きな流れがわかるとあとはそこに細かいことを紐付けて行けば
大よその知識が網羅されます。

それからは、ひたすらクイズ形式で一問一答で解いていきます。
そうすることで、反射神経もついていきましたし、
出題者がどんなところをクイズとして出してくるかが読めてきます。


さて、これを部屋の掃除にどう適用できるのでしょうか?

まずは、何かインテリアの雑誌か
自分の部屋のスタイルを考えて、どんな生活をしたいのかを
イメージしてみるのはいいかもしれません。

そうすると、だんだんと部屋の中でいるものといらないものが
目に付いてきます。

お金との相談ではありますが、
この散らかった部分がおさまりがつくような家具を買うことは
良いアイデアですね。

あとは、出したら一つ一つ片付けるクセをつけることでしょうか?
まずはこれ以上、物が散らからないようにするだけでも
いいかも知れません。


解決策になったかどうかは定かではありませんが
思考は飛躍して新しいアイデアが生まれてきました。


でも、おそらく誰かが家に遊びに来ることになれば
一気に片付けることでしょう。

そういえば、テストも時期が近づいたときに
結構一気にやってたな。。。(汗)


温故知新というよりは、成長していない私でした。



posted by nlpfield at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さかいの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45440495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック