★NLP1dayレッスン 開催中!★
   

2011年01月31日

どうも十数年かけてNLPにたどり着いたみたいなんです、僕は。

2011年もはや1ヶ月
いや? まだ1ヶ月

十人十色と言いますが、人それぞれ
もののとらえ方って違いますよね。

今週は、「私がNLPを学んだきっかけ」を
テーマにお送りします。

改めまして
アシスタントトレーナー まさきです。

僕がNLPを学び始めたのが
約3年半前、うちの酒井トレーナーの
ワンデイレッスン」を受けたのが始まりです。
これも学び始めたきっかけですが、

その起源はもう少し遡ります。

20年前、20年前地方の大学の学生でした。
そこで学んでいたのは
認知心理学。

興味があったのは、

 1.人に影響を与える仕掛けってなんだろう?
 2.「あいまい」とか
   「あいまいな記憶」ってどんなことだろう?

という、ちょっとばかり渋いテーマを
扱っていました。

その頃は、この学びが十数年後役立つとも知らずに。

最終的に研究したのは、
「曖昧な記憶が出来る仕組み」
・・・うろ覚えとか、ここまで出てるのに言えないとか
言うあれです。

この曖昧な記憶
「何となく覚えている」っていうのを
じぶんで、「ちゃんと覚えている」に
出来るようになると、

テストや仕事で役に立つのにな
なんてことも考えながら、

調査、実験していました。

その当時の結論は、
言葉の構造、語順や助詞の使い方
形容詞や副詞と、名詞や動詞の距離
・・・などで、
「あいまいに思わせる言葉の使い方が作れる」
ことを理解したわけです。

このことが、僕の言葉の表現を
変えたかどうか・・・このときは判りませんでした。

結局、大学卒業後は
IT系の営業マンとして働き始めました。

大学出たての若造ですが
システムの営業という仕事
ありがたいことに、管理職、経営層の方と
話をさせていただくことが
たくさんありました。

そして、仕事を進めていく上で
若造なりに、若造だからこそ
偉い人に話を伝えるのは難しいなと

相手に話が伝わらないのは
若さ故、説明が足りないんだと
思って、工夫をしはじめていました。

それでもまだ、
相手に上手く話が伝わるかどうかを
しかられながら、
説教されながら、実体験として
試行錯誤してきました。

自分なりに、人に提案したり
伝えたりすることができるようになったな
と思った頃、
転職、さらに転職先で、転勤がありました

そのとき、
まだまだ、自分の世界が狭いなと
痛感させられることが起こったのです。

・・・自分の親父のような年代の
   職人気質の現場スタッフに対して
   本部スタッフとして、本社の意図を
   伝えて動いてもらうこと

図式としては、
「親父に、息子が指図する」そんな形です。
ましてや、「職人気質」の皆さん。
ストレートに言えば、
 社内でも気むずかしいチームとの仕事です。

もちろん、
「現場知らねぇ奴が、
   ゴチャゴチャ言うんじゃねぇよ」
こんな感じです。

直接言ってくれればまだしも
 どちらかと言えば、
  間接的に・・・

このときは、さすがに
どうすればいいか判りませんでした。
現場経験を積むのに
さすがに
「親父くらいになるまでやる時間もなければ、
  だからといって結果を出さなければ、
   自分もまずいだけでなく、
    “親父”たちも評価を受けない」
そんな事になるわけですから
それも困る・・・・

ここから、どうやって人に影響を与えればいいか
また模索し始めました。

そう、学生の時研究しようとしていた
もう一つのテーマだったのです。
(この時は、まだ、気づいていませんでした。)

その当時は、
誠心誠意、相手の話を聞いて
誠心誠意、自分の思いを伝える。

相手が行ってくる文句を拒否するのではなく
なんとか受け止めて、妥協点を探す。

これが精一杯です。
そのために、
ファシリテーションも学びましたし
モチベーションを高める為の方法も
探しました。

そして、何とか
“親父”たちの協力がもらえて
(そのときはたぶん、
 単に、ひたむきさを認めてもらったんでしょうね。)
そのチームが顧客と社内で評価される
ことになりました。

自分のことではないけれど、
自分のこと以上にうれしかった出来事です。

そこで気づいたのは、
「職人気質」で話を聴いてくれないのではなく
こちらが伝わるように話をしていないし
相手からも結局は聞いていなかったと言うこと。

そして、単に厄介者扱いをしていただけ
だったのかもしれないということ。

さらに、一人一人ときちんと話をしたとき
「誰よりも仕事に対する
  こだわりと情熱が有ったと言うこと。」

こんなことを、み〜んな見落としていると
本当は、実力を発揮できるチームであっても
“使えない奴ら”で終わっちゃうという怖さ。

こんなことを体験してから、
僕自身は、
「どうやってさらに人に影響を与える、うまく伝える」
そんな方法は無いかの
模索を再開して・・・2007年8月 

ふとしたきっかけでNLPとであったわけです。

そして、その日に気づいたこと
十数年前に、興味があった、2つのこと

 1.人に影響を与える仕掛けってなんだろう?
 2.「曖昧な記憶が出来る仕組み」が
   相手に影響を与え、自分に影響を与えるんだ。

と結びついて、
そこから、NLPを学び始め、学び続け、そして、伝え始める
と言う流れに結びついたわけです。

僕に取ってみれば、
学生の頃に携わってみたかったことに
十数年のサラリーマン経験を
加えた僕として
携わり始めた・・・そんな感じです。

僕自身、こんな経緯でNLPにたどり着きました。
ですから、頑張っている人が、評価されたり
より、がんばりが報われる方法としてもNLPを
活用できるように、お伝えしていきたいと思っています。

ここまで書いてみて、
ここが僕のNLPに繋がる原点で、
そして、僕の今の仕事への
モチベーションの種です。

さぁ、皆さんにとって
今の職場を選んだのはどんなモチベーションの源泉が
         あったからですか?
そして、今の仕事を続けているのは、
  あなたのどんな未来を手に入れる為ですか?

この記事をきっかけに、こんなことに
思いを巡らせてみるのも、いいですね。
ぜひ、お試し下さい。

では、また来週!!
ブログ「だれもが幸せ体質になっていいんだ!
posted by nlpfield at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まさきの日記

2011年01月24日

実は・・・最初の一歩を大変に感じていた頃

こんにちは、
アシスタントトレーナーまさきです。

今、僕は毎日、自分のブログを更新し続けています。
NLPや日常のコミュニケーションをテーマに
自分の気づきやアイディアを乗せて。

確実に一日一本のペースになって
一年を過ぎました。
今から振り返ってみれば、
何をそんなに大変に思っていたんだろう?
って思えます。

軌道に乗るまでに
ブログサービスを2個始めては止めしながら
3つめでようやく、腰を落ち着けて
書くことが出来ています。

ブログを始めた頃
思い起こせば、自分に対して
妙な自信がありました。
妙というのは、ネガティブな自信。

「僕はいつも三日坊主なんだ。
    ブログなんかできないよ。
     しかも、文章苦手だし。」

見事です。

でも、考えてみれば、この確信も
「三日坊主」に出来るんじゃないの?
そんなつっこみも出来そうですが・・・。

僕がブログを始めて、継続するというのは
この、
「僕はいつも三日坊主なんだ。
    ブログなんかできないよ。
     しかも、文章苦手だし。」

と、向き合うことから始まりました。

始めるに当たって
このテーマでNLPセッションをうけました。
そのセッションででたか一つのアイディアは
「嫌になるまで気楽に書いてみれば良いじゃないか」

やめてしまうかもしれないという
結果を気に過ぎていて
さらには、「三日坊主」の称号はごめんだな
なんて思いも加わって
始めなかったんだな。ってことが判りました。

そう、ここは、始めてみないことには、
・・本当に三日坊主で終わるのか
・・本当にブログなんか出来ないのか
・・本当に文章が苦手なのか
証明できないわけです。

今から考えれば
最初の一歩は、過去の経験から
「なんだか怖いな」という感覚を
受けていたんでしょうね。

そこに、「気楽さ」を持ち込んだり
「嫌になるまでやる」という
ポジティブではないにしてもゴールの姿

ハードルが下げられたことと、
リタイアするのではなく
自分の意志でやめるかどうか決められる
(嫌になるかどうかですから)
という自分がハンドルを握った感覚

これが、僕にとっては、
とても行動を始めるに当たって
楽な感覚をもたらすものでした。

僕にとっては、最初の一歩を踏み出すのは
「自分で自分の行動のハンドルを握る」こと
だったようです。

エンジンをかけるでもなく
アクセルを踏んでうごきだすでもない
ハンドルを握ること

そんな小さな事ですが
そのことが、新しいことを始めるのに
大きな一歩になりました。

ハンドルを握ったあと・・・
多少の紆余曲折はあったものの
2009年9月頃からはほぼ毎日
2009年12月からは確実に毎日
記事の数ははや、600を超えました。

今の自分からもしも、始めるか迷っている
自分に何か伝えるとしたら

「結構、続くよ、600は軽いから」

あの頃の自分にちょっと疑いの視線を向けられても
自信満々の顔で、言ってるでしょうね。

それもこれも、
最初の一歩を踏み出せたから。
そして、僕にあったその一歩が
「気楽に、嫌になるまで続ける」
を見つけることが出来た。

しかも、今続けているNLPの実習の中で。

とってもおもしろい巡り合わせでした。

気づかないうちに
こんな変化してるんだろうな
思い出した感じです。

では、また来週〜。

ブログ「だれもが幸せ体質になっていいんだ!
posted by nlpfield at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まさきの日記

2011年01月17日

始めましてアシスタントトレーナー&受付担当 まさきです。

今回から、この NLP Right Field ブログパワーアップしました。

それはどんなところかというと・・・
記事の内容や書き方のバリエーションが
増えることになります。

記事をお届けする
レギュラーメンバーが
これまでの酒井に加え、2名が加わり
合計三名でお届けすることになりました。

ここまでをまるでこのブログを仕切っているかの様に
書いている私がその一人

まさきこと、
稗島 正樹ひじま まさき)と申します。
NLPフィールドではアシスタントトレーナーとして
ワークショップの運営サポート
受付事務を担当しています。

「稗島」という珍しい名字なものですから、
通常ワークショップなどでは
「まさき」と読んでもらってます。

漢字名を説明するの、面倒さには事欠きません。
『「稗」という字は、雑穀の「ひえ」を表す感じです。
 日本史で出てくる、古事記を書いた片割れ「稗田阿礼」の一文字目です。
のぎへんに卑弥呼のひの字をです・・・。』

こんな風に、子供の頃から、自分の名字を
電話で説明する必要性が高かったので
「いろいろなたとえ話」をして
説明する能力が高まったようです。

ですから、このブログやNLPについての
違う角度での説明が欲しいと思ったら
ぜひ、コメントやメッセージで、使ってやって下さい。

そして、そのことを通してNLPそのものをもっと気楽に
たくさんの人に使ってもらいたいと思っています。

僕自身、NLPを学ぶことは、
自分が気づいていないけれど、
本当はもうすでにやったことのある
・自分とのつきあい方
・他者とのつきあい方
・目標や課題とのつきあい方
などなどを、自分がいつでも使えるように
再整備する事だと思っています。

そう、自分自身が自分を使いこなすこと
ですね。

ですから、
学び始めれば、
誰にでも使いこなすことが出来るし、
学び始めれば、

それは、今までのやり方では
うまくいかなくなり始めている今、
そして、日本という決まった枠だけでなく
生活の中に世界がすぐそこに繋がり始めている今、

一層これらのいいやり方を
・自分とのつきあい方
・他文化の人とのつきあい方
・目標や課題とのつきあい方
手に入れておきたいじゃないですか。
そう思いませんか?
僕はそう思っています。

大上段に構える必要はないんです。
きっといつかどこかで出来たことのある
ことを学びながら整頓するだけですから。

どうぞ、このブログから
NLPの世界、あなたが本当に
自分の力を棚卸しして、
それを活用する世界を
ご一緒しましょう。

テレビっ子で、歴史小説好きの僕としては、
時事ネタや歴史物語、
ドラマの名台詞、お笑いのギャグ
を通して、NLPとその世界にお招きできたら
うれしいです。

そしてまた、おひまなときには
まさきの個人ブログもご覧いただけると
うれしく思います。

末永くよろしくお願いいたします。

ブログ「だれもが幸せ体質になっていいんだ!
posted by nlpfield at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まさきの日記